HOME > profile

二子玉川|数秘術|オルゴナイト

 
Opened Sesameの福福数秘術

オルゴナイトとの出会い

 
私自身がオルゴナイトと出会ったのは今から(2017年現在)約4年ほど前に友人のFacebookに掲載された円錐型のオルゴナイトを見た時でした。
そのきらめく美しさに感動し、さらにそれを友人自身が作ったということを知ってズドーンというショックを受けたことを今でもよく覚えています。そのオルゴナイトを製作するワークショップが開かれるという文字を読んで一も二もなく申し込みをしたことは言うまでもありません。
この時点では正直なところ、オルゴナイトがなんなのか、どのような効果を得られるのかという情報は知らず、感覚としては「そんなことはどうでも良いからとにかくこの美しいものを自分の手で作りたい!」という抑えきれない衝動ばかり。身体の内側から溢れ出す強烈な想いに私自身が戸惑うほど強い想いに突き動かされていました。
実際にワークショップを受けてみると、想像していた以上に自分自身を引きずり出されるような体験で、未だかつて経験したことがないパワフルなワークを実感。
言葉ではなく、色、カタチ、物質、それらがあいまって自分の中に秘められた想いや希望、願望、様々な感覚が浮き彫りにされ、それらが次第にまとまって目に見える、手に取れるオルゴナイトとして完成される過程は、一言で表すならば「快感」。これはライヒ博士が提唱したオルゴンエネルギーに通じる体験だったと確信しています。

 

〜ワークショップを開くまで〜

 
すっかりオルゴナイト製作に魅了された私はワークショップに参加するだけではなく、自分でも個人的にもっと製作したい!という気持ちが強くなり、そのタイミングで友人が「次の世代につなげるべくワークショップにて得た経験と知識を伝授してください」という有難いワークショップを開くというお知らせが舞い込んできたのです。それは実質、自分で好きに作ってもらって良いし、オルゴナイト教室を開いてより多くの人に伝えても良いよという講師養成の意味合いを含んでいたので、もちろん飛び込ませて頂きました。
そのワークショップに参加直後第二子の妊娠が発覚し、実際にオルゴナイトを製作したり教えたりするまでに約2年のブランクを得たものの2016年4月には本格的に活動を開始。二子玉川商店街のフェスタにて初出品で多くのお客様にオルゴナイトを手に取って頂くことが出来ました。それ以降オルゴナイト製作、販売、ワークショップを開催しつつ現在に至ります。
 

〜想いをカタチに〜

 
1番最初に受けた感動を沢山の方にも感じてもらいたくて開催しているオルゴナイトワークショップ。Opened Sesameではオルゴナイト製作とは、自分自身に向き合い対話をする中で「想い」を「カタチ」にする…そんな作業だと考えています。
 

 
 
谷平 橙萌子  Tomoko Tanihira
 
1976年生まれ。既婚、2児の母。
明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)卒。
- 鍼灸師 数秘術家 オルゴナイト作家 -

 
 

2005年から世田谷は二子玉川にて「ふよう鍼灸治療院」を夫婦で開業。数秘術やカラーセラピーにも興味を持ち、希望される方に鑑定を始める。最近は数秘術を専門に鑑定や伝授を行なっています。
 
スピリチュアルなことに興味はあるけれど、基本的には現実主義者。「スピリチュアルは現実の世界に反映できなきゃ意味がない!」をモットーに自分の生活にも具体的に行動としてスピリチュアルを導入しているため、実際の生活に直結し役に立てるような鑑定を得意としています。

 
 
Blog
LinkIcon数秘術*鍼灸*オルゴナイト Opened Sesame!